スキューバダイビングなら断然沖縄の美ら海(ちゅらうみ)!これからダイビングを始める人もダイビングに夢中な人も、美ら海ダイバーけん坊がしっかりエスコート。沖縄ダイビング情報満載のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト

万座毛下(まんざもうした)沖縄随一の景勝地、万座毛(まんざもう)の真下にあるダイビングポイントです。スキューバダイビングをしていなくても、一度はその名前を聞いたことがあるでしょう。

万座毛にはたくさんの観光客が訪れますが、その観光客が見つめるなか、かっこよくバックロールエントリーを決めたいところですね。


>>「万座毛下(まんざもうした)」の続きはこちら

スポンサーサイト
スポンサーサイト
スポンサーサイト

ちゃたん食堂で沖縄(うちなー)料理に舌鼓沖縄滞在中、1度は食べたいうちなー料理(沖縄料理)。「毎日食べたい!」って沖縄ファンも多いけど、他にもおいしいものいっぱいあるからなぁ。

あ、それはまた別の機会に紹介しますね(^ω^) と言うことで、北谷(ちゃたん)に滞在するなら、ちゃたん食堂がダンゼンおすすめ!


>>「ちゃたん食堂で沖縄(うちなー)料理に舌鼓」の続きはこちら


瀬底北(せぞこぺい)瀬底北(せぞこぺい)は、小さなサンゴの根が点在する砂地エリアと、棚(岩場)というふたつの環境を楽しむことができるダイビングポイントです。

瀬底北(せぞこぺい)の棚では、フタイロカエルウオタテジマヘビギンポなど、砂地エリアでは、クサハゼをはじめとする充実したハゼ類が見られます。


>>「瀬底北(せぞこぺい)」の続きはこちら


ヨスジの根ヨスジの根は、真っ白い砂地点在している小さな根に魚が集まる水納島(みんなじま)の北側にあるダイビングポイントです。

ヨスジの根には、ボートで向かいます。砂地の根にはヨスジフエダイのほか、ガーデンイールやヤシャハゼ、ヒレナガネジリンボウなど人気者がたくさん!キラキラ輝くスカシテンジクダイの群れも見ものです。


>>「ヨスジの根」の続きはこちら


灯台下(とうだいした)灯台下(とうだいした)は、水納島(みんなじま)のやや南側に位置する白い砂地が広がるダイビングポイントです。

灯台下(とうだいした)は砂地のスロープになっていて、沖に向かって15メートルと20メートルのところに根があり、20メートルの根では、コウワンテグリやオニダルマオコゼ、ハダカハオコゼなどが見られます。


>>「灯台下(とうだいした)」の続きはこちら


ケーブル(水納島・みんなじま)ケーブル(水納島・みんなじま)は、真っ白な砂地に海底ケーブルが水納島(みんなじま)まで伸びていて、魚影の濃いダイビングポイントです。

ケーブルの周辺では、ハダカハオコゼやハナヒゲウツボ、ヤシャハゼなどダイバーに人気の魚に遭遇することができます。


>>「ケーブル(水納島・みんなじま)」の続きはこちら


キャメルキャメルは、瀬底島の西側に位置する地形が楽しいダイビングポイントです。

透明度も通常、15~30メートルあり、スキューバダイビング初心者でも楽しめるダイビングポイントですが、時に流れが強くなりますので、注意が必要です。


>>「キャメル」の続きはこちら

スポンサーサイト

航空券+ホテル+レンタカーであなただけの沖縄旅行を作ろう!

ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。